プロセス

1)調査・コンセプト立案

フィールド調査、インターネットによる市場調査、競合商品調査などを通じて、人々の生活や価値意識を探ります。これをもとに商品コンセプトを立案し開発目標を明確にします。

2)構想・アイデア展開

漠然とした要望、コンセプトなど抽象的な概念を形にします。アイデアを見える化(モデル化)し、客観的な評価対象とすることで、次の課題が浮かび上がります。また、3DCADにより、アイデアを実現可能な商品にせしめます。

3)スタディモデル制作

当たり図面を作成し発泡ウレタン、スチレンボードなどによる簡易モデルを制作し、商品性、レイアウト、ボリューム感など商品性を探ります。

4)3D CAD

市場性、生産性、コストなどを統合化し、3DCADモデルを作成します。データは試作、金型製作、また、販売促進などに適用できます。

5) コミュニケーションデザイン

操作系、インターフェイスデザイン、商品のカラー計画、グラフィック表示、版下制作など行います。